最新のWebマーケティングの手法

今やWeb上で展開するビジネスは数え切れないほど存在しています。インターネットにおける時代の流れはとても速く、ビジネスを行っていくためにはWebマーケティングは欠かすことができません。通常のマーケティングを学び実践することももちろん重要ですが、Webマーケティング独自の手法を学び、実践することも今の時代には大切になってきます。このサイトでは、2つの違いをご紹介すると共に、最新のWebマーケティングについてまとめました。

通常のマーケティングとの違い

Webマーケティングはその特性を生かした便利な手法が数多くあります。まずは、何と言ってもスピード性があることです。企画の立案から実行に至るまでのプロセスを素早く行うことがでるため、ターゲットにサービスを届けるまでの時間を短縮することができると同時に、反応も素早くチェックすることができます。

また、プログラムによって簡単にデータ化することができるため、サービスの効果や経費を数値化することに優れています。訴求に関しても、目標とするターゲット層に対して、場合によっては1人1人に対して適切なアプローチが可能であるため、多くの予算をかけられない場合でも大きな効果を期待することが可能になるため、コスト効率や費用対効果の面でも優れていると言えます。

このように、通常のマーケティングと比較して、速さ・正確さ・低コストなどの面で利点があります。

Webマーケティングの全体像

Webマーケティングは、大きく3つに分類するとWebサイトにターゲットを集めるための「集客」、ターゲットにサービスや商品の購入や資料請求、問い合わせを行ってもらうための「接客」、そして一度Webサイトから離れてしまったターゲットに再び見てもらうための「再訪」に分けることができます。

「集客」に関する取り組みは、検索エンジンの最適化やリスティング、バナーやテキストを活用したアドネットワーク広告、アフェリエイト、SNSを利用した広告等が効果的です。「接客」においてはターゲットがWebサイトを訪れた際に最初に見るページの最適化であるLPOやWeb接客ツールの活用が重要視されています。

最後に「再訪」は、ターゲットが一度Webサイトを見た際に表示された商品を、別のページでも再度表示させるためのリターゲティング法、個別のアプローチを可能にするメールマーケティングなどが有効です。

最新のWebマーケティング手法

日々新しい手法が紹介されるWebマーケティングは、その時代や企業の状況に合ったものを見極めながら活用していくことが大切です。ここ最近で注目されているのは、普段の生活でスマホやタブレット端末を主に利用しているターゲットに目を向けたものです。iphoneやAndroidが普及している今、パソコンを使わずに仕事や余暇を過ごす人も多くなっています。

そのため、スマホでもスムーズに閲覧することのできるWebづくりなどの工夫が集客アップには重要になってきます。また、様々なWeb媒体が日々出てくる中で、あえて基本に立ち戻り、理想とする顧客像の明確化することも大切であると言えます。企業の目指す目標と戦略を改めてすり合わせることで、ブレのない筋が通ったマーケティングが生まれ、成功への近道になると言えます。

まとめ

Webマーケティング手法は、今回ご紹介した基本的なものに加え、他にも数多くの手法が存在します。全てを取り入れることは難しいのはもちろん、企業によって強化したいカテゴリーや予算などは異なるものです。

そのため、戦略を立てていく際には優先順位をつけ、必要な方法を絞って活用していくことがポイントです。全てを網羅するというやり方も戦略の一つではありますし、その1つ1つのクオリティが高ければそれだけリスクを回避できるでしょう。

しかし日々アップデートされている分野であるからこそ、自社の長所を見極めた上でビジネスを行うことで高い効果を狙えるとも言えます。ぜひ、自社の現状を客観視した上で有効的な戦略立案を目指していきましょう。