マーケティングの基礎知識その1:SWOT分析とは

マーケティングを行っていく上では、頻繁に使われる基本的なフレームワークを学び、実践することが大切です。SWOT分析は、自社のビジネスを進める際に、市場における機会や課題を洗い出すことができるフレームワークの1つです。ここではSWOT分析に関して、基本的な分析方法や注意点をまとめました。この手法で現状の把握や分析を行い、新たな目標設定と戦略立案に役立てていきましょう。

SWOT分析とは?またその目的

SWOT分析は、マーケティングにおいて活用される頻度が多いと言われているフレームワークの1つで、「Strength=強み」、「Weakness=弱み」、「Opportunity=機会」、「Threat=脅威」という4つの英語の頭文字から取ったものです。この4つのカテゴリーに従って、自社や競合他社などにおいて考えられる要因を細かく挙げていき、更に組み合わせることで客観的に自社の現状把握と分析を行うことを目指します。

把握した情報を元に、現状のビジネスがうまくいっている、またはうまくいっていない要因を明確にし、今後の戦略や目標設定に役立てることができます。新しいアイデアや取り組みなどを進めていくためにも重要な役割を果たします。

SWOT分析の分析方法

まずは、SWOTの頭文字である「強み」・「弱み」・「機会」・「脅威」それぞれの中身をリスト化していきます。この際に強み、弱みは自社内における内的要因として項目を挙げていきます。逆に機会、脅威は、他社のサービスや動き、環境の変化など、外的要因として項目を挙げます。

この時、様々な視点から分析を行うためにも、できるだけ多くの項目を上げることがポイントです。こうしてリスト化した情報を分析していきますが、その際にはそれぞれの項目を組み合わせた「クロスSWOT」を取り入れるのが効果的です。

例えば、自社の「強み」と「機会」を掛け合わせて分析をしていきます。そうすることで情報を洗い出しただけでなく、より具体的で内容の濃い戦略を立てていくことができます。また、「弱み」と「脅威」を掛け合わせることで、リスク回避に役立つ戦略を考えていくこともできます。

SWOT分析の注意点

SWOT分析を進める際には注意点があります。まず、目標とするターゲットは明確に絞り込んでおくことが重要です。ビジネスを行うに当たってターゲット像がぶれていると、その後に立てる戦略も最終的な目標からかけ離れていってしまう危険性があります。実際の戦略を進める上で疑問や不具合が発生した際にはいつでもここに立ち戻ることで、素早く軌道修正することができます。

また、それぞれの要因で挙げられた項目に関しては、できる限り様々な着眼点を持つことが大切です。そのためには小さなことに関しても疑問を持つクセづけを行うことで、そこから役立つヒントが生まれます。また、この分析において発生しがちなのが、分析だけにとどまってしまうことです。重要なのは、挙げられた情報から成功要因や問題点を認識し、次にすべき戦略を考えていくことです。目的を見失わないよう、フレームワークの最後の項目として組み込んでおくのもおすすめです。

まとめ

SWOT分析は、外部要因と内部要因によって市場における自社を客観的に分析することに便利なフレームワークです。項目が思うように出てこない場合には具体例から考えてみたり、項目が出すぎて収集がつかなくなりそうな時には優先順位をつけてみたりするなど、状況に応じた工夫をすることで内容を整理していくことができます。多くの情報を4つのシンプルな要素にカテゴライズし、あなたのビジネスにとって効率的で適切な戦略を立てていきましょう。