マーケティングミックス(4Pと4C)とは?

マーケティングを行う際にしばしば取り上げられるのが「4P」と「4C」です。販売戦略を立てていく際に必要な要素を大きくカテゴライズし、それぞれをミックスして考えていくフレームワークです。ここでは、4Pと4Cそれぞれの基本知識とマーケティングミックスの活用方法をご紹介します。マーケットにおける自社のポジションや、製品をイメージしながら理解を深めていきましょう。

4つのPとは?

4Pで使用される4つのPとは、「Product=製品」、「Price=価格」、「Place=流通」、、「Promotion=販促」の頭文字を取ったもので、これら4つの要素に分類した上で組み立てていくマーケティング手法です。

Productは、製品におけるクオリティ・ブランドネーム・デザイン・パッケージ・アフターケア全てを考慮した上でユーザーのニーズを満たすかを検討します。

Priceは、企業側が決めた値段によってユーザー層が左右されることもある重要な要素です。製品に見合った値段か、その製品を消費者が購入してくれるか、そして利益は適正かどうかを見極めることが大切です。

Placeは、製品の流通経路から実際の店舗計画も含みます。店舗計画と言えば、企業の単独店やデパート、更にネット通販などあらゆる形態が考えられますし、店舗の場所や店舗数なども重要です。

そして最後にPromotionですが、これは実際にターゲットに認知され、購入に至るためのCMやチラシなどに当たり、最近ではメルマガなどのWeb媒体も注目されています。

4Pと対になる「4C」とは?

4Cは、マーケティングを行う際に4Pと合わせて使われることの多い手法です。それぞれのワードは「Customer Value=顧客にとっての価値」、「Customer Cost=経費」、「Communication=コミュニケーション」、「Convenience=利便性」の頭文字をとっています。

この単語からもわかるように、4Pが主に販売者側の視点に立って考えられた手法に対して、4Cは消費者の視点で考えられた手法で、近年ビジネスを成功させている多くの企業は、この4Cの手法もうまく活用している場合が多いと言われています。販売側がこれから打ち出していきたいと考える製品やその戦略と、それに対するターゲットが求めるニーズに開きがないように、このフレームワークを使いながら組み立てていくことが重要です。

マーケティングミックスの活用方法

マーケティングミックスの活用方法は、先にご紹介した4P、4Cにおける要素ごとに当てはまる項目を挙げていき、その中で自社製品の開発や戦略の中で漏れている要素や、弱いと思われる要素を発見し、戦略を立てていきます。これを行う際は、必ず自社のターゲットを明確にしてから始めることがポイントです。ターゲットがブレないことで、最終的に製品が消費者に行き着くまでの戦略考案が可能になります。

特に歴史ある企業や比較的大手の企業に起こりがちなのが、4Pのウェイトが高く、4Cがおろそかになってしまうケースです。バブルの時代とは異なり、今は企業目線での製品開発・戦略のみではターゲットまで届けるのが難しくなっています。

もちろん企業の理念をしっかり持ち製品を打ち出していくことは大切ですが、同様に消費者目線も考慮し、両者が歩み寄れるようなビジネスを作っていくことが大切です。

まとめ

4P・4Cどちらも重要な要素ですが、この手法を行う前には必ずそもそものターゲットと自社の目標を具体的に確認した上で進めることが重要です。ゴールが明確でないとせっかくの戦略も的の外れたものになってしまう可能性が高いからです。

また、販売側の論理である4Pと顧客側の論理である4Cを組み合わせて考えて行くことで、企業・消費者の両者にとって利益をもたらす関係性を構築していくことが期待できます。それぞれの項目に自社のサービスを当てはめ、ビジネスを発展させていきましょう。