webマーケティングの資格を取るための勉強とは

webマーケティングはインターネットが主流の現代、非常に重要な位置を占めています。資格を取っておけば、業務にも役立ちそうですね。しかし、種類が多岐に渡るため、どれを取得すればいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?こちらでは、その種類と選び方のコツ、勉強法について詳しくご紹介します。これからwebマーケティングの資格を取ろうと考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

 

マーケティング資格の種類

マーケティングには、ビジネス実務検定、ネットマーケティング検定、ウエブ解析士、ネットショップ検定、webライティング技能士検定、中小企業診断士など様々な資格があります。ビジネス実務検定は、業種を問わず共通のマーケティング知識が問われる検定です。

定型業務ができる基礎レベルから、戦略立案ができるレベルまで3つの級に分かれています。ネットマーケティング検定は、専門用語に関する基礎知識から、セキュリティやHTMLに関する知識などが問われます。ウエブ解析士は、文字通りウエブ解析についての知識が問われる検定で、初級、上級、マスターの3つのレベルに分かれています。

ネットショップ検定は業界の基礎知識を問うレベル1から、EC経営能力を問うレベル5まで多岐に渡っています。webライティング技能士検定は正しい日本語、ライティングスキル、顧客対応などのwebライティングに関する様々な知識が問われます。

中小企業診断士は、企業経営やコンサルティング、企業の問題点と改善点などが問われます。これ以外にも、Google AdWords認定、webデザイン検定、webアナリスト検定など様々な資格があります。

 

目的別マーケティングの資格の選び方

どれを取るのかを考える時に大切なのは、何のために取るのかという目的を明確にすることです。これは、webマーケティングに限らず、すべての資格取得に言えることです。せっかく取得しても、仕事や生活に役立たないのでは意味がありません。どれを選ぶのかを決める時には、ご自分がどの業務を担当しているのかによって選び方を決めていくと良いでしょう。

例えば、企画に携わる部署の方であれば、ビジネス実務検定やネットマーケティング検定がおすすめですし、webの運用を任されている方にはweb解析士やネットショップ検定が必要となるでしょう。

また、編集の仕事をしている方には、webライティング技能士検定が合っていると言えますし、中小企業の経営者の方であれば中小企業診断士がおすすめです。あれこれと手を出すよりも、まずはご自分の仕事内容に合わせた資格を取ることが、もっとも効率的で大切なことだと言えます。

 

資格取得のための勉強方法

勉強を行う手段には独学、学校、インターネットの3つがあります。それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。まず、独学は文字通り、テキストや本を購入して自宅で勉強する方法です。自分の都合に合わせて勉強できるのが最大の魅力ですが、強い意志がないと長続きしない場合もあります。

そして、きちんとスケジュールを立てていかないと、疲れた日などはつい「明日でいいや」と思ってしまい、挫折してしまう原因になります。独学をする場合は、最後までやり遂げるという強い思いと、何をいつまでにやるのか、きちんと計画を立ててコツコツ続けていくことが必要です。

資格取得の学校に通う方法は、お金はかかりますがカリキュラムが組まれているので、確実に学習することができます。学校を選ぶ場合はなるべく会社や自宅から通いやすいところを選ぶのがコツです。インターネットで学習する方法もに現代は主流となっています。

独学で勉強する自信がない方や、金銭的に学校に通うのは厳しい方、忙しい方にはおすすめです。自宅で学習できるうえに分からないところは何度でも見直すことができますし、ネット上で質問も出来ますから、独学と学校の両方のメリットを併せ持った学習法と言えるかもしれません。

 

まとめ

当たり前のことですが、資格取得はゴールではなく、スタートです。せっかく取得しても実際の仕事に役立てていかなければ、今までの努力も時間もお金も無駄になってしまいます。また非常に数が多いため、上司の方も全てを把握しているわけではありませんから、もし取得するように言われても、それがご自身の業務外の物であったら、異論を唱えることも必要になるかもしれません。

その際は、ただ反論するのではなく、なぜそれが必要ではないと考えるのかを説明したうえで、それに代わる資格を提示してみてはいかがでしょうか?ご自身の業務に役立つ資格を取って、売上アップにつなげていきましょう。