webマーケティングの集客とは?

webマーケティングの集客とは、インターネット上でお客さんを集める方法です。ひと昔前はパソコンやスマホを所持している人はごく僅かでしたから、誰もそんな方法は思いつきもしませんでした。しかし、現代では多くの企業がwebにかなりのコストと時間をかけています。近い未来には、「集客はwebのみ」という企業の割合が高くなっていきそうな気がします。では、そもそもそのメリットとは何でしょうか?

 

web集客のメリット

まず1つ目は、コストを抑えられる点です。チラシや折り込みといった従来の方法は、印刷代やポスティングに伴う人件費、折り込みをする媒体に支払う費用など、結構な金額がかかります。チラシの枚数が多ければ多いほど、その金額は吊り上がっていきます。しかし、webであれば、無料のサービスを利用することで費用をタダにすることも出来ます。これは、企業にとって大きなメリットの1つです。

2つ目は、社内にいながらにして営業が出来ることです。営業マンが足を棒にして1軒1軒訪問しなくても、ネット環境が整っていさえすれば、すべての人に商品のPRが可能になるわけです。もちろん、その後のフォローは営業マンの手を借りることになりますが、不特定多数の多くの人に訴求できることはとても魅力的です。キャンペーンなどの告知も、ホームページを一部書き替えればよいだけですから、とても簡単です。

3つ目はそのスピードです。従来のように、チラシのデザインを考えて、印刷屋さんに依頼して、到着を待ってから配布する方法と比べ、web集客であれば一瞬にして多くの人にPRが可能です。「あ、ここ直したいな」という点が出てきた場合も、印刷されたものは修正が効きませんが、webであればすぐに直すことが出来ます。

 

web集客が向いている職種とは

では、どの職種でもweb集客が向いているかというと、実はそうではありません。例えば、地元密着型の商店の場合は、訪れるお客さんも限られていますから、通販事業を手掛けているのでなければ、あえてwebでアピールする必要はありません。

反対にweb集客に向いている職種は、ネットで検索される可能性が高い商品を扱う職種です。例えば店頭では手に入れにくいレアな洋服や靴を扱っているアパレルショップは、検索数も高いでしょう。

また、スポーツクラブや学習塾やエステサロンなど、比較検討される可能性が高い職種も、ネットで良く検索されています。これらは、最初から1つに決めている方はさほど多くありません。様々なところをじっくり比較してから自分が行きたい場所に絞り込んでいくわけですから、これらの職種も向いていると言えます。webマーケティングのやりがいもあるというものです。

 

web集客の方法とは

まず思い浮かぶのがホームページです。今や、ホームページがない企業のほうが珍しくなってしまいました。もはやホームページはあって当たり前の時代になっています。しかし、その分ライバルの数も一昔前に比べて数えきれないほど多くなっています。ホームページを作っておけば集客できるというのは幻想にすぎません。いかに顧客に「直帰」させずに長い時間滞在してもらえるのか、工夫をしていかなければなりません。

2つ目はブログです。ブログはホームページよりも簡単に開設することが出来ますし、ブログをこまめに更新することでアクセス数も稼ぐことができます。しかし、ホームページに行きつく前に離脱されてしまうというデメリットもありますので、こちらもやはり入念な準備が必要です。また、無料のブログの場合は広告が表示されてしまうため、あまりお勧めできません。

3つ目はインスタグラムやYouTubeといったソーシャルメディアによる集客です。こちらも現代主流となりつつあります。ホームページとセットで使えば、より多くの人に見てもらうことができます。特に、ターゲットを若年層に絞っている職種の方にとっては、非常に有効な方法です。しかし、一歩間違うと「炎上」する危険性もはらんでいます。PRする際は、法に抵触していないかを常に意識しておかなくてはなりません。

 

まとめ

wen集客はメリットもたくさんありますが、デメリットも持っています。例えばネット回線の故障や災害によってアクセスできない可能性があります。そうなってしまうと、復旧するまでの間の訪問はゼロになってしまいます。

また、ブログですと誹謗中傷など悪意のある書き込みをされてしまう場合もありますし、ハッキングの危険も考えておかなくてはなりません。しかし、webが売上アップの重要なツールであることに変わりはありませんし、今後もどんどん拡大していくことは間違いありません。トラブルに対する対策を徹底し、売上アップを目指していただければと思います。