素人でもできるコンテンツマーケティングと相性の良いweb制作方法とは

マーケティングに長けた人とweb制作を請け負っている人が、立場を入れ替えて仕事をしたとします、十中八九、良い仕事はできないでしょう。専門分野が違うのだから当たり前ですが、双方がお互いのスキルを身に付けたら話は変わってきます。そこで、マーケティングの素人がコンテンツマーケティングを展開する際にどんな点を念頭にweb制作すればいいか、その方法をお話します。

 

売るターゲットを明確にする

どんな商品を売るにしても、「誰に売るのか」をはっきりさせておかなければなりません。企業では、商品やサービスを売るときに明確な人物モデルを策定します。これを「ペルソナ」と言いますが、マーケティング論の基本中の基本になります。こういった実際のペルソナ事例はweb上にもたくさん掲載されていますが、いずれにせよ、ターゲットを明確にすることがコンテンツマーケティングの端緒になります。

 

ターゲットが決まればそれに合わせたweb制作が始まります。全体的の雰囲気、男性ターゲットか女性ターゲットかによってもweb制作の方向性は変わってくるでしょう。とにかく、まずはターゲットを明確にすることからすべてが始まります。

 

ターゲットを呼び込むキーワードを選定する

その次はそのターゲットを呼び込むためのキーワード選定が大事になります。このキーワード選定は、コンテンツマーケティングにおける集客方法でもっとも重要な要素になります。ここはSEOの領域とも密接不可分な関係にありますが、様々な要素を絡めた選定が必要になってきます。

 

例えば、予算がふんだんに取れるのなら競争の激しいビッグキーワードに飛び込んでいくのもひとつですし、予算はあまり取れないのでロングテールで細かく見込み客を拾っていく方針というのも一つです。いずれにしても、キーワード選定はサイトのタイトルにも直結しますので、しっかりした調査をもとに選定する必要があります。

 

サイトタイトルを決める

サイトタイトルは、SEOの内的要因における最重要項目とされています。このサイトタイトルだけではありませんが、検索結果の順位決定において、大きな要素になるのは間違いありません。同時に、サイト(ページ)タイトルは、検索結果ページ表示されるものです。つまり、最低でも10サイトが表示される検索結果ページの閲覧者に選んでもらえるに値するタイトルである必要があるのです。

 

「選んでもらえるに値するタイトル」は抽象的な表現ですが、どんなサイトか一目でわかるタイトルだったり、キャッチーで面白そうと興味を引くタイトルだったり、方向性も様々。センスは問われる部分だと思います。いずれにせよ、選ばれるタイトルを付ける必要はあります。

 

各ページのコンテンツを制作する

より多くの見込み客を呼び込むために、関連キーワードによるサブページを制作します。このサブページには2つの役割を持たせます。一つ目は欲求充足のためのページ。キーワード検索で行き着いたページに、自分の欲求を満たす情報があったら、どう思うでしょうか。「ここは信頼できるサイトだ」と思いませんか?サイトのブランディングは高められます。

 

商品・サービスの成約までのハードルは格段下がるはずです。もうひとつが、商品・サービスまでの段階を踏ませるページであること。ブランディングとは別の意味で、訪問者の気持ちを段階的に成約に盛り上げていくためのページであることです。それには潜在意識や気づかなかった自分の状況に気づかせてあげる必要があります。いずれも制約のためのページです。少しでも多くの見込み客を取り込むためにサブページを制作していきましょう。

 

まとめ

こういったスキルは細かく言えばたくさんあるのですが、これら基本を押さえておけば、ある程度コンテンツマーケティングを展開し得るweb制作が可能になります。

 

この中でもっとも大事なものは?と問われれば「キーワード選定」だと思います。他の部分が平凡でも、このキーワード選定だけ逸脱であれば、ある程度の成果は出ると思います。コンテンツマーケティングにおいて、キーワード選定はそれほど大事なものと肝に銘じておくと良いです。