少ない投資で大きな利益を!Webマーケティングの最適化事例とは

ビジネスとはすなわち利益を上げること。もっとも、利益を上げるには経費が必要です。10万円稼ぐためにいくらの経費が必要なのか、経費のような投資が少なければ少ないほど効率的なビジネスと言えます。経費が安ければ価格を下げてさらに高い競争力が身に付けられ、有利な展開が可能です。それはWebビジネスでも同様です。そこで、webマーケティングにおいて、いかに少ない投資で利益を生み出せるかの最適化事例をご紹介しましょう。

 

より効率的に収益を上げるために

Webマーケティングにおいて、経費が掛かる部分はどこなのでしょうか。その部分を効率化することによって少ない経費で大きな利益を生むことが可能になってきます。一概には言えないでしょうが、「集客」の部分は経費が掛かる部分と言えそうです。例えば、SEOの施策です。キーワードや規模によってはそれ相応の投資が必要になってきますし、外注となればその経費は跳ね上がります。

 

リスティング広告もしかりです。キーワード選定にはそれなりの調査はマストになりますし、なんといってもキーワードの出稿の費用がかなり大きいです。どの部分に最適化が必要かは個別の問題ですが、まずは集客の部分は真っ先に検討しても良い部分です。

 

データを集めて選択と集中

ビジネスにおいて「選択と集中」は経営効率化の常套手段です。限られた予算の中で得意分野に投資していくのは、さらなる成長が期待できますし、大幅なコスト削減が期待できます。とある沖縄の広告代理店の事例で、もともとはWeb制作を請け負っていた企業でしたが、自社のビジネスモデルとしてのweb制作には限界を感じていたそうです。

 

そこでリスティング広告を手掛けたところ、今ではweb制作を止めてリスティング広告に集中したビジネスモデルに変更し、急成長を遂げているとのことです。webマーケティングにおいては、効果測定などのデータが取りやすいので、どこを縮小してどこに集中すべきかは判断がしやすいです。常日頃より取得しているデータの分析は大事になってきますね。

 

どこから来たお客さんが「濃い客」か

「濃い客」という言葉をご存知でしょうか。どの業界でも使われる言葉ですが、いわゆる見込み客のさらに強い客のことです。マーケティングとしてはより多くの濃い客を集めたいわけで、その方が成約までの距離が短い分投資も少なくて済むというわけですね。濃い客というのは、言い換えれば「欲求が具体的」ともいえるわけです。具体的だから行動も分かりやすく積極的。

 

ですから、そういう集客に対するソリューションを用意しておけば、濃い客がより多く集まる可能性が上がります。例えば、3つぐらいの複合キーワードの流入に対応できるコンテンツを用意しておくとか、資料請求やメルマガなど、個人情報を同意のうえで取得させてもらうとか。曖昧なビッグキーワードを狙うよりも具体的なスモールキーワード5つ狙った方が、上位表示や成約の可能性は高いし、コストも確実に下げられます。

 

どうすれば成約しやすいのか

集客はできたけど、それをいかに成約まで持っていくか。これは、いかに濃い客でもそう簡単な話ではありません。何せ、一般的なECサイトでのCVRは一桁が普通だからです。二桁行けば高いという世界ですから、いかに成約までが大変かということです。その集客から成約までの距離を縮めるのがランディングページ最適化(LPO)と言われています。

 

ネットショッピングサイトでもよく見られますが、集客の属性によってLPを分けるのです。セールスレターも異なりますので、それぞれの属性に対応でき、結果、成約率が高まるというわけです。LPを複数用意するのはコスト増ですが、せっかく集めた見込み客を逃す損失に比べればはるかに効率的と言うことでしょう。

 

ビジネスをする上で効率化を目指すのなら「リピーターの獲得」が得策です。理由は、新規のお客さんを獲得するよりもはるかに低コストで済むからです。新発売や新規開店時に、「どう考えても赤字だろ」という安売りやキャンペーンをしますが、あれば顧客獲得の一環です。初期段階でお客を集めて良い口コミや評判を拡散してもらう。それがお客を呼びさらに口コミが流れる。

 

何割かが顧客になってくれれば回収できるものです。それだけリピーターはありがたいものなのですね。webマーケティングで見られる顧客獲得事例にはフロントエンドで法外な低価格で売り、バックエンドで儲けるという手法があります。別に悪いことではありませんが、本命はバックエンド、フロントエンドは「釣り」です。リピーター獲得の工夫、していますか?

 

まとめ

いかがでしょう?いかに低コストで大きな利益を生み出すか。これが儲けの常套手段です。商売にはコストがかかるものですが、工夫次第ではそれを抑えることができ、さらなる利益を生むことができるのです。もちろん、質の低下に繋がっては本末転倒ですが、現在のビジネスモデルを最適化することでより大きな利益を生み出せます。

 

ビジネスの効率化・最適化は、企業ならどこでも大きな至上命題になっています。あなたも見直してみては?