コンテンツマーケティングのコツをつかんで集客率をアップする方法

日本ではまだ歴史が浅いコンテンツマーケティングですが、アメリカでは1895年に始まっていたと言われています。もちろんその時代にはwebはありませんでしたが、アメリカのある農機具メーカーがユーザー向けに発行していた雑誌が世界で初めてのコンテンツマーケティングと言われています。では、現代においてコンテンツマーケティングを集客率アップにつなげるには、どのようなコツがあるのでしょうか?

 

ターゲットの顧客層を把握する

最初にご紹介する方法は、「ターゲットの顧客層を把握する」という、シンプルですがとても大切な方法です。ターゲットとは、商品やサービスを提供する相手、つまり顧客のことです。

顧客と一口に言っても、様々な顧客層があるはずです。自分が売りたい物を求めている顧客層とはどのような人でしょうか?ターゲットが絞り切れていないと、集客率アップにはつながりません。それを明確に把握することが、コンテンツマーケティングの第一歩だと言えます。

そのためには、情報収集が欠かせません。多少経費が予算オーバーしてしまっても、顧客層のリサーチは徹底して行うべきです。ターゲットを絞り込み、心に響くキーワードを設定しましょう。

 

ペルソナを明確にする

ペルソナとは架空の顧客像です。売りたい商品やサービスを求めている顧客の代表者という意味でもあります。そのペルソナはどのような人物でしょうか?年齢、性別、職業、住所、趣味嗜好、家族構成、名前などを全て具体化していきましょう。場合によっては、ペルソナは一人とは限りません。売りたい商品やサービスに合わせて、ペルソナを増やすほうが良い場合もあります。

では、なぜそこまでする必要があるのでしょうか?それは、ペルソナを明確にしておくことで顧客の立場に立った戦略を展開できるからです。例えばターゲットが「30代の男性」であっても、すべての30代の男性に売ろうとすると失敗しがちです。なぜなら30代の男性と一口に言っても、一人一人、居住地も趣味も違います。

また独身なのか、既婚者なのか、子どもがいるかいないかという違いもあるでしょう。それをひと括りにしてしまうことで、せっかくの集客のチャンスを逃してしまう恐れがあります。

 

顧客のニーズを把握する

これも非常に簡単なことのように思えますが、コンテンツマーケティングを成功させるためには大切なコツです。当たり前かもしれませんが、ターゲットやペルソナを明確にしただけでは集客にはつながりません。

顧客が何を求めているのかを知ることが、コンテンツマーケティング成功のカギを握っていると言えるでしょう。そのためには、ターゲットがどのような方法で自社の商品やサービスにアプローチしてくるのかを把握しておくことが大切です。

アプローチの方法はホームページを見てという場合もあれば、ブログを読んでという場合もあるでしょう。アプローチの方法とニーズをアンケートなどで把握し、分析したうえでコンテンツマーケティングを展開していきましょう。

 

まとめ

コンテンツマーケティングには、動画やオウンドメディアなどの方法があります。どの方法を採用するのかは、ターゲットやペルソナによっても違いますが、世界中の人に見てもらえるコンテンツマーケティングは集客アップに欠かせません。

顧客が欲しい情報を常に発信し続けている動画やオウンドメディアはリピーターの獲得につながるうえ、新規の顧客開拓にも非常に有効です。今回ご紹介した内容を参考にしていただき、集客率アップにつなげていただければ幸いです。