コンテンツマーケティングによるSEO施策で陥りがちな悩みとは

コンテンツマーケティングのためのSEO施策はやるべきことがたくさんあります。どんなキーワードでどんな記事を書けばターゲット層にアピールできるのか、その時の文字数はどのくらい必要なのか、タイトルは?見出しは?など、すべきことはたくさん。そして、作業を進めて行くうえで悩みも発生していきます。大丈夫、悩んでいるのはあなただけではありません。どんなものがあるのか見ていきましょう。

 

SEOは悩みの連続…

検索エンジンに評価されるにはどうすればよいか、これを考えて最適化していくのがSEOです。現在、日本ではGoogle検索エンジンがモバイル・PC合わせて9割を超えるシェアを持っています。このGoogle検索エンジン、頻繁にアップデートをしており、月に1回は大きめの順位変動が起こります。

 

その度に順位が大きく変動するサイトがありますので、サイト運営者の悩みは尽きません。いずれにせよ、このGoogle対策がSEO施策ということになりますので、その特性を見極めていくことが大事になってきます。

 

内的SEO施策の問題

内的SEO出の悩みはで多いのはコンテンツ量ですね。どのくらいの文字数が必要なのかということです。最近は多いスマホでの閲覧を考えれば、あまりに多い文字数はユーザビリティ上適切ではないと言えます。1ページ1500〜2000字程度に収めて、それ以上はページを分けるといいと思います。あと多い悩みはキーワードの扱いについてですね。

 

サイト内にどれぐらい盛り込めばいいのかということです。第一に「自然であること」が大事になるでしょう。文章読んで自然であることを心がけましょう。目安としては、一桁に収めるのがいいと思います。ポイントは、多彩な語彙で作成することでしょうか。その方が検索エンジンの評価も高まるし、読者にとっても読みやすい文章になると思います。

 

外的SEO施策の問題

外的SEO施策で多い悩みは被リンクについてです。その中でも「相互リンクの有効性」について取り上げましょう。昨今の相互リンクについてGoogleは、概ね「不自然なリンク」という見解のようです。すべてがダメということではありませんが、他人の全く違うジャンルのサイトとの相互リンクなどは明らかに不自然と言えます。相互リンクには慎重になるべきです。

 

被リンク全般に言えることですが、昨今のアルゴリズムでは、被リンク単独では上位表示が難しく、あくまでコンテンツの質ありきの被リンクというスタンスだと思われます。自演の被リンクを付ける場合は、スピードや本数、アンカーテキストやといった点にも注力しつつ、コンテンツの質にも力を入れなければなりません。

 

資金・人手の問題

施策自体ではないですが、個人で行う場合には付きまとう悩みがあります。それは資金と人手の問題です。もっとお金が使えれば集客増やせるのに、もっと人手が欲しい作業が先に進まないという悩みは、どこの業界にもあるものでしょう。ソリューションとしては、ツールを使うのがいいと思います。

 

おそらく、キーワード選定が最もパワーがいる部分だと思いますが、今は有料ですが良いキーワード選定ツールが市販されています。それなりの費用は必要ですが、人を雇うよりはるかに安価で済みますし、時間も調査自体は人間の何十倍ものスピード、低コストで効率的です。このように、人手の問題は、テクノロジーである程度カバーが可能ですし、むしろ作業効率はその方がいいです。自分でなければできないこと以外はテクノロジーに任せてしまった方がいいと思います。

 

まとめ

SEOの悩みはwebサイト管理人の数ほどあると思いますが、特に多い悩みをピックアップして回答と共に共有させていただきました。大事なのは、「ユーザーファースト」「最新のSEO事情の把握」だと思います。ユーザーファーストは現在のGoogleの指針ですし今後も変わることはないでしょう。

 

そして、SEOは日々進化していますので、昨日有効だった施策が、今日には有害になっているかもしれないのです。そのためには常に最新事情を仕入れておくことが大事です。