コンテンツマーケティングで成功するためのSEO施策方法とは

SEOで成功するには以前は被リンクさえあれば、という状況でした。今でも被リンクは重要項目に変わりはありませんが、その比率は下がっていると感じます。では、どんな項目の比率が上がってきているのでしょうか。それは被リンクのような外的要因ではなく、自分である程度できる内的要因の比率が上がっていると思います。というわけで、その内的要因の中でも、特に重要と思われる施策方法を挙げてみたいと思います。

 

キーワード選定はきわめて重要

どんなキーワードで集客するかはマーケティング上きわめて重要です。何らかのキーワードで検索結果1位になったとしても、そのキーワードがビジネス上で旨味があるキーワードとは限りません。成約に結び付きやすいキーワードだとしても、流入数がごく少数であれば実質的に旨味があるとは言えません。SEOはビジネスに繋がらないと意味のないことなのです。

 

ビジネスとして成立する検索回数が想定され、成約につながりやすいキーワードで集客できるようにサイト制作する必要があります。それには調査が必要です。キーワードツールを利用したり、キーワード検索結果で他サイト状況を調査したり、できることはいろいろあります。いずれにせよ、キーワード選定はじっくり悩んで決めてください。

 

集客できるタイトルを付ける

次にタイトルです。これは、サイトタイトル、ページタイトル両方にも言えますが、タイトルを付ける意味は2点あります。1点目はSEO的意味です。なかなか良いキーワード選定ができたとして、その成果を発揮できる最たる部分はタイトルになります。コンテンツでもキーワード検索で引っかかりますが、キーワードが最も影響を及ぼす部分はタイトルです。ですのでタイトルにはキーワードを含ませなければなりません。

 

2点目は「読まれるため」のタイトルを付けます。「選んでもらうため」とも言い換えられますが、キーワード検索から集客するためにはタイトルで引き付けなければなりません。一目見て「ここだね」と思わせるようなタイトルが必要なのです。

 

良質なコンテンツを提供する

サイト内のコンテンツは、良質なものである必要があります。良い記事であれば、SEO上にも良い効果をもたらしますし、訪問者からしても悪いことは一つもありません。良い記事だと思ってくれれば、それはサイトの信頼感に繋がりブランディングに寄与します。

 

当然、商品・サービスの成約にも繋がりますから、ビジネス的にも良い結果をもたらすことでしょう。良い記事とはいささか抽象的ですが、キーワード検索で入ってきた訪問者のキーワードの答えや、何らかの説得力がある記事は「良記事」と言えると思います。良質なコンテンツが多数あれば、PV(ページビュー)アップにもつながりますし、ビジネスチャンスも広がります。是非良質なコンテンツを提供できるよう心掛けてください。

 

記事は安定的に続ける

記事は継続・安定して上げていった方が、SEO的にもマーケティング的にも良いと思います。継続して上げていると言っても、1記事書いて3か月、また1記事書いて半年ではちょっと安定的とは言えないでしょう。長い期間サイと運営していると、安定期に記事上げは結構大変かなとは思いますが、ビジネスの一環だと思って週2、3記事、少なくとも週1記事ぐらい頑張ってみてください。

 

ただし、注意が必要です。コンテンツを上げることにだけ気が行ってしまって、自分のビジネステーマとかけ離れているような内容ばNGです。サイトの純度が弱まると検索エンジンの評価を落とす可能性があります。ビジネスに関連した記事を上げていってください。

 

まとめ

被リンク頼りのSEOは「力勝負」の色が濃く、資金力の乏しいwebサイトには厳しい状況でした。しかし、このように被リンクに頼らずとも自分の作業でSEOの力をもたらす範疇が増えたということは、健全であり多くのwebサイト管理者にとって喜ぶべき状況だと思います。

 

「キーワードを選んで安定的に記事を書く」こう書くとシンプルですが、中身はとても濃厚で簡単ではありません。こなさなければならないことは多いですが、その先には成功があることでしょう。