Web制作の要件定義で心がけるポイント

サイトを作り上げる行程の中で、クライアントの思い描いたものを作るためにデザイナーとクライアントの意見を擦り合わせていく過程で必ず必要になってくる要件定義。なんだか言葉が難しくて、良く分からないという方も多いのではないでしょうか?こちらのページでは、一体どのような作業のことを指しているのか、そして上手く行うためにはどのようにしていけば良いのか、チェックするべきポイントについて見ていきます。

要件定義とは?

そもそも要件定義とはどのような作業のことを指しているのでしょうか?Webサイトをはじめ、システムやソフトウェアなどの開発をする際に初期の段階で行われるもので、どのようなものにしていくのか、どのような機能をつけるのかなどこれから実際に作業をしていくに当たって必要となるいわゆる設計図を作っていく作業のことです。クライアントがどのようなものを、どのような目的で作りたいのかという希望を伝えて、それをデザイナーやエンジニアなど開発する側がクライアントの希望を叶えるために必要な機能などを検討して決めていきます。クライアントの頭の中にあるニーズを、現実に作成することが出来るものとして形にするこの作業はとても重要で、これ次第で出来上がったものの完成度やクライアントの満足度は大きく変わってきます。

優先度を決める

要件定義を行っていく中で大切なことは、まず優先度を決めるということです。ビジネスで使用するものを制作するならなおさらですが、基本的には納期がありますし、スケジュールにはそこまでゆとりはないことが多いです。そんな中でゆっくりと端から開発や制作を行っていると、本当に必要なものがスケジュールの中で作りきれないということになってしまう危険性があります。それではクライアントも困ってしまいますので、まずは何から仕上げるべきなのか作業の中での優先度を決めていきます。優先となってくるものとしては、それ自体がなくなってしまうとサイトやサービスが成立しなくなってしまうものはもちろん最優先で取り組むべきです。その他にも完成すればサイトの質が良くなったり、サービスが改善できたりと良い効果を産むものや、すでに他のサイトやサービスには当たり前のようにあるものなどは確実に完成させなければなりませんので優先的に取り組みます。完成しないことでクライアントの不利益となってしまうようなものは、きちんとスケジュールの中で完成させることが出来るように優先的に取り組むことが出来るように計画します。

納期は大丈夫なのか

どんな仕事でも同じですが、納期を守るというのはビジネスにおいてとても重要なことです。Web制作においても同じで、リリースの問題もありますので必ず納期は守れるようにスケジュールを組んでおかなければなりません。要件定義を行っていると、やらなければいけないことや作らなければいけないものの全がきちんと見えてくるようになります。そこでどれ位の期間を必要とするのかということも考えることができるようになります。クライアントの求めるものをきちんと完成させるためには納期をいつにすればよいのか、そしてクライアント側の都合としてその納期で問題ないのかということをきちんと確認して、お互いに認識をきちんとしておく必要があります。もちろん要件定義の段階ではあくまで予定であり、作業を進めていくなかで修正点や変更点が生まれてくる場合もありますので、スケジュールをぎちぎちに組んでいくのではなく少しゆとりを持って組んでおくと仕事にもゆとりが出て丁寧な仕事を出来るようになります。

まとめ

要件定義はWeb制作において、出来上がったものの完成度を左右するとても重要な作業です。クライアント側と受注側の意見をきちんと擦り合わせておくことで、よりクライアントのニーズに近いものを作ることが出来ます。また、受注側もどのようなものをどのように作れば良いのかということを明確にすることで作業に取り組みやすくなります。そして納期や作業の優先度をきちんときめておくことは双方においてとても重要ですので、作るものの内容だけに目を向けるのではなく、その進行過程などもきちんとチェックしておきましょう。