youtubeマーケティングの基礎戦略

視覚から語りかけるという動画コンテンツの特徴を最大限に利用することが可能なのが、今、さまざまなビジネスで活用されているYouTubeマーケティングです。
Webサイト上で、音声・音楽などの音、また、CG・アニメーション・動画と言った視覚的な情報提供を駆使して行われるリッチコンテンツマーケティングの中でも、注目度の高い方法として注目を集めていますが、ぜひ知っておきたい基礎戦略についてご紹介していきます。

YouTubeとYouTubeマーケティング

2005年に設立されて以降、全世界で瞬く間にその知名度を上げてきたYouTube。オンラインユーザーなら誰もが無料で利用することのできる動画共有サイトとして大きく成長し、ここ数年では、毎分400時間分もの動画がアップロードされ、10億にものぼる動画が視聴されていると言われています。
現在は、多くのビジネスチャンスが生まれる場としても注目されており、多くの企業が公式に情報を配信する場として利用するだけではなく、商品やサービスのプロモーション活動が行われる場としても認識度が高まってきています。
YouTubeの誕生から現在までの間、社会に与えてきた影響は計り知れず、スマートフォンに代表されるさまざまなモバイル端末の普及と相まって、音楽や動画を駆使するリッチコンテンツマーケティングを行うことが可能な有力媒体のひとつとして、

YouTubeマーケティングのメリットとデメリット

YouTubeマーケティングでのメリットは、視聴者同士による動画シェアなどの情報交換が日常的に行われていることのほか、視聴者の反応を見るのが容易なこと、視聴地域や視聴者の行動の洗い出しが可能なこと、YouTubeの仕組みによりターゲティングがしやすいことなどがあげられます。
また逆に、数多くある動画の中での視聴率取得に努めなければいけないこと、良質な動画コンテンツを作成するために相応の予算・企画力・制作力などが必要となること、視聴者の言語能力による制限が発生しやすいこと、定期的・またはタイムリーな情報配信が必要となることなどがデメリットとしてあげられます。
より多くの視聴者を獲得するためには、価値ある動画の提供が大前提となります。マーケティングの主役となる動画制作の際には、情報過多・プロモーション過多・不明瞭なコンセプトなどに注意をし、ターゲット層を意識した内容にまとめることが求められます。

YouTubeだけで終わらせない、本当に賢いマーケティング戦略とは

リッチコンテンツマーケットとしての有用性が高いYouTubeでマーケティングを使い、ターゲット層となる集客や商品・サービスなどの宣伝をするからには、動画視聴だけで終わらせてしまうのではなく、いかにして外部メディアや自社サイトなどにターゲットを誘導するかという点が重要になってきます。そのために欠かすことのできないのが、ソーシャルネットワーキングサービスなどの外部との連携です。
また、トレンドの話題やニュースなどを採用したり、確かなブランド力を持つ企業や著名人などとのコラボレートで得られるマーケティングの相乗効果などを利用したり、企業内のキーパーソンをYouTuberとして起用したりと、独自性を持った戦略的なアプローチを心がけることも、結果を出すためのキーワードとなるでしょう。

まとめ

YouTubeマーケティングの魅力は、そのまま、リッチコンテンツマーケティングが持つ特色とも言えます。ターゲット層の興味を引くような表現手法・商品やサービスについての説明のわかりやすさ・視聴者に共感を与えるような内容・適切な情報量などが、高いプロモーション効果を創出することに直接つながります。
また、視聴率や視聴者数だけを意識するのではなく、外部メディアへの誘導成功率や、いかにして視聴者にプラスとなるイメージを与えるかなどを意識してみていただければと思います。