マーケティング戦略とは何か?

マーケティング戦略を進めていく上で、その定義や重要性を把握しておくことがは大切です。しかし、インターネットを調べてもいろいろな意見が出てきて、逆に混乱してしまったと言いう経験をお持ちの方も多いはず。では、本当の定義とは、またその重要性とは何なのでしょうか?そして、それを進めていく上で役に立つこととは?売上アップのために、マーケティング戦略を有効に活用していきましょう。

 

マーケティング戦略の定義とは何か

マーケティング戦略とは「売れる仕組みを作るための方針を考えること」だと言えます。マーケティングには市場調査が含まれますが、その結果を精査、分析し、「どうすれば売れるのか?」を考えていくことがマーケティング戦略です。

あなたが売りたい物やサービスは誰をターゲットにしているのか、コンセプトは何か、そしていつから販売を開始するのかを決めていくことがマーケティング戦略の考え方です。

 

マーケティング戦略はなぜ大切なのか

一昔前までは、顧客に商品を知ってもらうための方法はテレビコマーシャルや新聞の折り込みチラシなど、ごく一部に限られていました。テレビを見ない人や新聞を取っていない人には、いくら良い商品であったとしてもその情報は一切届くことはありませんでした。

しかし、インターネットの登場によって、商品を全世界にアピールすることが可能になりました。企業にとっては簡単なうえに、負担も少ないため非常に嬉しいことではありますが、その一方で、ライバルが無数に登場してきたと言えます。

同じような多数の商品の中から、自社の商品を選んでもらうためには、マーケティングの活用の仕方が非常に重要な意義を持ってくると言えます。

 

戦略を考える上で役立つこと

戦略を考えるうえで役立つことは、主に3つあります。例えば新しいオーブンレンジを発売するケースで考えていきましょう。

1つ目は、「誰に」売るのかを考えることです。当たり前のことですが、どれほどそのオーブンレンジjが良いものだとしても、この世にいる全ての人が買ってくれるわけではありません。その商品を購入したい人の年齢層や職業、性別、地域などを絞り込んでおくことで販売方針が立てやすくなります。

2つ目は「ベネフィット」です。ベネフィットとは、利益のことです。顧客がその商品を通じてどのような利益が得られるのかを見据えておくことも、マーケティング戦略に役立ちます。そのオーブンレンジを使うことによって顧客の暮らしがどのように便利になるのかを予め想定しておくということです。

3つ目は「差別化」を意識することです。差別化には競合他社と自社の商品の差別化も含まれますが、顧客の差別化も大切です。そのオーブンレンジを持っている人と持っていない人では、どのような差が出てくるのかを考えておくことで、顧客への訴求力がアップします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?マーケティング戦略というのは一見、難しい言葉のように感じられますが、要するに売れる仕組みを作るための方法を考えることです。商品やサービスを売るために、やみくもにあれこれ手を出しても決して売り上げが伸びないことは、多くの方がご存知の通りです。

マーケティング戦略をしっかりと立てておくことは、一見手間がかかるように思えますが、余分な時間や経費を使うことなく顧客にピンポイントにアプローチすることができますので、結局は売り上げアップの近道だと言えます。