スマートフォンマーケティングの重要なポイントは?

2000年に海外で発売されたブラックベリーや2007年に発売されたアップル社のiPhoneを先駆けとして、日本でも独自の開発と普及が進み、今やわたしたちの生活の必需品のひとつになりつつあるスマートフォン=スマホ。
手のひらサイズの文明の利器が初めて世界に登場してから、すでに10年近くが過ぎようとしています。そして、このスマホを使ったスマートフォンマーケティングもどんどんと認識を高めて来ています。

まずはスマートフォンマーケティングについて知る

今や私たちのほとんどが、携帯型端末としてスマホを四六時中持ち歩いているのではないでしょうか。
私たちは日々、スマホを駆使して、リアルタイムでの情報検索はもちろん、趣味や興味などにつながるソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、情報源や情報提供の機会を与えてくれるメディアや複数のプラットフォームの使用、また、生活上・職業上の利便性までを考慮した数々のアプリケーションをインストールして使っています。
このように、個人に関するさまざまな情報がぎっしりと詰まっているスマホは、まさにその人のすべてがわかると言っても過言ではないデジタル情報の宝庫と言えます。現代のデジタルマーケティングにおいては、パーソナライズされた情報は貴重な重要データとなるため、スマホの普及率が約8割程度と言われる現在、多くの企業において、スマホを鍵にしたマーケティングへの注目度がますます高まってきています。

スマートフォンマーケティングのキーポイントとは

スマートフォンマーケティングでは、やはり、私たちとスマホが密着関係にあることに、多くの鍵となるポイントがあります。スマホはパソコンなどの電子端末とは異なり、私たち1人1人が個人保有し、身につけて持ち運んでいる端末。
従来では実現できなかった、モバイル型端末ならではのリアルタイム性を生かすことも可能です。また個人に特化し、顧客生涯価値(LTV)を意識することもできます。
消費者同士のコミュニケーションを利用する口コミもスマホでは容易に伝えるツールとなるでしょう。音・動画などを駆使しする手法も、最近では注目を集めています。
さらに、検索エンジン・電子メール・Webサイト内の広告などに代表される、従来のインターネットでの戦略も使えることが、スマホを使ったマーケティングの特徴と言われています。

その種類とメリット

さまざまな分野があることを、前項目で少しご説明させていただきましたが、スマホならではの特徴を最大限に生かしたスマートフォンマーケティングの種類には、どのようなものがあげられるかご存知でしょうか。
これには、SNSを効果的に利用するソーシャルメディアマーケティング、全地球測位システム(GPS)を活用するジオマーケティング、スマホから取得する膨大なデータを分析して行動ターゲティングマーケティング、デバイス上の商品確認やサービスのシミュレーションを行う拡張現実(AR)マーケティングなどに関しては、特にメリットが大きいものとされ、さまざまなビジネスの視点からも注目を集めています。

まとめ

フィーチャーフォンと呼ばれている従来の携帯電話からスマートフォンへの代替が加速し、モバイル端末としての機能性や自由度までもが着実に向上してきている現在のスマートフォン。潜在能力が無限大とも表現されるほど、さまざまな可能性を秘めています。
そのビジネス利用を目論む企業側にも高い知識・技術力・創造性などが必要となりますが、このような専門的な分野だからこそ、ぜひアウトソーシングなどを取り入れ、高い成果を出すことが可能になるスマートフォンマーケティングを実現させてみてはいかがでしょうか。