マーケティングで必要な基礎知識は?

何かを行うと言うのは当然その物事に対する知識が必要で、何も無い状態でアクションを起こしてもうまくいくはずがありません。当然マーケティングにもそれが当てはまります。
今や企業になくてはならない存在であるマーケターですが、どんな知識があればより柔軟に対応が出来るのでしょうか。マーケティングとは何か?から始まり分析の種類や方法、役割を知れば視野が広まります。マーケターを目指す方だけでは無く、分析に迷いがある方も一読下さい。

マーケティングの定義を知る

アナタは「マーケティングとは何か?」と質問された時にすぐに返答出来ますか?国内でマーケターを多く輩出しているところによると、企業や組織が国内及び国際的な視野を持ち、競合相手と公正な競争をしながら市場を作っていく活動の一つだと説いています。
簡単に言えばニーズに合ったサービスを、広い視野で見極めて公正な競争で市場を拡大する事です。その為には自社だけでは無く、自社や競合相手など様々な情報や知識が必要になります。
マーケターと言うのは誰でもなれるものではありませんし、分析を行う前にまず必要な情報を集めなければなりません。その為出来れば数字に強く、想像力に長けている方が重宝されます。人と接するのが得意で、ミーハー指数が高く好奇心の強い方が向いています。
とは言っても、あくまでも傾向になるので自分自身が全く別のタイプでも意識するだけでも違います。

役割を知り精度を高める

マーケティングのおもしろいところは3Cにとって「ニーズにあったサービス」や「最適な事象で市場を作り出す」と言うのが全く違う点です。例えば顧客にとってニーズに合ったサービスは、欲しいと感じさせる製品や、最短でサービスを利用する為に提供されたサービスを指します。
しかし自社視点で考えると「高い利益を誇るサービス」だったり「継続した売上をあげる為のステップ」だったりします。マーケティングの基本知識として、視点によって役割が変わる事を肝に銘じておいて下さい。
また戦略という言葉はマーケティング業界で良く聞く言葉ですが、戦術を混同している方も多くいます。戦略は目標達成する為の手段を考える事で、戦略はその目標を達成する方法を実行する事を指します。様々は役割のあるマーケティングの世界ですが、これらの違いを知ればより精度の高いリサーチが出来ます。

種類からサービスに合った方法を見つけだす

マーケターにとって必要なリサーチですが、方法は一つだけではありません。広い範囲で行われる市場調査は、ターゲットに関わるデータを集め、具体的な数字を出します。データを集める方法は外部からのリサーチでは無くターゲットにアンケートをしたり、セミナーをしたり直接コンタクトを取る方法もあります。
続いては広告宣伝活動と言ってサービスを多くの人に広める方法もあります。ウェブやメールを介するデジタルマーケティングから、マスコミに働きかける方法、SP広告といって 交通広告や看板を使ったタイプもあります。
そしてこれらの活動を実際に売上に繋がったのか?と確認し課題や問題点を見つける事を効果検証と呼びます。全てまとめてマーケティングと呼び、どれか一つが欠けても十分な成果は得られません。今、自分がどの部分をリサーチしているのか?が分かれば、必要な知識や情報が明確になり精度が高くなります。

まとめ

一言でマーケティングと言っても様々な種類があるだけで無く、どの視点で分析するかによって必要な知識や状況が異なります。定義を決めるにはあまりにも幅広く、難しい問題ですが様々な視点で見て、ニーズに合ったサービスを公正な競争を行いながら、市場を発展させていく事を指します。
これらを行う為には、市場調査や広告宣伝活動、SP広告に効果検証など様々な方法を使って分析し、問題点や課題を見つけて更に向上する事でよいサービスを提供出来ます。