マーケティングにおけるコピーライティングスキルと基礎知識

マーケティングにおいて、セールスや広告制作などの場面で大きな役割を担うコピーライティング。文字によるアプローチで、商品やサービスの認知度の向上・集客・営業利益の向上などを目的としています。
現代、広く行われているWEBマーケティングにおいては必要不可欠とも言われています。マーケティングに関わるコピーライティングのために、ぜひ知っておきたい基礎知識などについてご紹介していきたいと思います。

コピーライティングの重要性と影響力

おそらく、どなたもがコピーライティングの重要性については、すでにお気づきのことかと思います。身近なところでは、本屋、スーパーマーケット、駅などの広告看板でも目にする機会がありますので、私たちが日常生活のあらゆる場面で遭遇しているとも言えるでしょう。
看板・パンフレット・TVコマーシャル・雑誌・新聞・ダイレクトメールなど、さまざまなマーケティングの場面に現れます。ブランドやサービスの認知度の向上、購買意欲の刺激、顧客誘導などを目的としており、影響力の高いものはそのまま企業の利益向上に貢献するだけではなく、数多くのメディアを通じて社会現象などへも繋がることもあります。
例えば、同等の商品やサービスを扱っている企業間でも、コピーライティングの質の違いにより、両者の利益が大きく異なる場合もありますので、重要性は容易にご理解いただけることと思います。

マーケティングにおけるコピーライティングの基礎知識と能力

マーケティングに関わるビジネスパーソン向けに、コピーライティングの基礎を身につけるための本も多く出版されていますので、すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
一般的に、マーケティングを視野に入れた場合の基礎知識と能力として有効となるものとしては、企画力・情報分析力・コミュニケーション力・プレゼンテーション力などの能力のほか、これらの能力の基盤となるマーケティングの知識、鋭い観察眼、文章力、語彙力などが大きな武器と言えるでしょう。
とは言え、マーケティングにおいて即戦力となるような高いコピーライティングの基礎知識と能力はすぐに身に付くようなものでもありませんし、鍛錬が必要になります。もし、企業内に有望な人材やチームが不在の場合は、アウトソーシングを視野に入れ、経験豊かな精鋭の力を借りることで、大きな飛躍が望めるような環境作りが可能になるでしょう。

コピーライティングと心理学、スキル向上のためにできること

コピーライティングは心理学とも深い関わりがあるとも言われており、世に出たひとつの文章が如何にして人々の心を掴むかが結果を左右します。マーケティングにおいてターゲットとなる層の心にどれだけ語りかけることができるか、ターゲット層に不要な距離感を与えず共感を持ってもらうことができるか、ターゲット層を意識した言葉使いになっているか、興味関心を引くキーワードが含まれているかなどがコピーライティングでは重要となります。
もちろん、購買心理学・行動心理学・社会心理学などを一から学ぶこともおすすめですが、難しく時間を要しますので、スキルの向上を図る一環として、社会の流れや傾向を把握すること、タイムリーな情報に常に耳を傾けておくこと、日常的にさまざまな文章に触れること、商品やサービスのコンセプトやターゲット層への理解を深めることなどが大切になるかと思います。

まとめ

マーケティングという視点から見たコピーライティングとその基礎知識について、ご理解いただけたでしょうか。マーケティング業務は多岐に渡りますので、さまざまな能力や知識をする一連の業務のすべてを完璧にこなし、満足の行く結果を出そうとするのは至難の技です。
ぜひ、着々と広まりつつあるアウトソーシングを活用し、コピーライターの力を借りて、総合的によりレベルの高いマーケティングを目指してみてはいかがでしょうか。