マーケティングオートメーションとは何か?

デジタルサービスが発展していない頃は、顧客のデータを手動で管理して有効だと思える広告やサービスを一つひとつ手作業で行っていました。今考えると骨が折れる作業ですし日本だけでは無く、世界中に顧客を抱えている企業からするとそんな事をするのは無理です。
マーケティングオートメーションと言うのは、顧客の管理や情報収集、広告配信を自動で行ってくれるソフトを指します。概要はもちろん、使える機能や活用方法について公開しています。

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーション(MA)と言うのは顧客の管理や広告配信など様々情報を管理したり、提供したりする事を指します。近年ではソフトウェアになり、手軽に使えるので多くの企業から支持を得ています。
そんな便利なソフトウェアですが、元々は今抱えている顧客をより売上に貢献してくれる顧客に育てたり、営業部へ質の高いリストを配布したりする為に出来たソフトです。
一昔前の様に、企業が宣伝すればモノを買ってくれると言うスタンスでは無く、数多くのモノが溢れている現代ではターゲットが自分でサービスを精査し選択する事が出来ます。その為、ターゲットの心に響くサービスのリサーチがとても重要になります。
多くの顧客を抱えている企業にとってMAはマーケターであり、アドバイザー・フォロワーでもあります。効率の良い営業やサービスを提供するなら、MAは必須です。

どんな機能があるの?

MAはとても便利で心強いサービスですが、具体的にどんな事が出来るのでしょうか?まず多くのマーケティングオートメーションで出来るのがアクセスログの収集です。専用ソフトを使っても収集出来ますが、顧客との紐付けが出来るのは今のところMAだけです。
アクセスログは該当のWEBページでの行動がわかる様になるので、ターゲットのニーズや感心事がリサーチ出来ます。スコアリングと言って該当の顧客のアクションを分析して、どのくらいの見込みがあるのかをチェック出来ます。
分析はMAによっても違いますがWEBサイトの訪問履歴やイベントの参加履歴、レスポンスの早さを分析しています。顧客の閲覧履歴からより効果的だと思われる広告をSNS上の広告やメール配信をして、売上アップを試みる機能もあります。これらの情報をまとめてログ作成し、専用ページにライティングしてくれるのでデータ抽出も楽です。

実際の活用方法を知る

様々な機能のあるマーケティングオートメーションを実際に活用してみたい!その場合、どんなマーケティングをすべきでしょうか。
MAの使い方で一般的なのがリードナーチャリングです。この方法は見込み顧客を売上に結びつける為の方法で、WEBサイトのログや参加イベントを分析して、顧客が興味を持ちそうなサービスや製品情報をメール送信するサービスです。
スマホの普及によってオンラインショッピングが身近になり、効果的なリードナーチャリングは大きな売上を産んでくれます。リードナーチャリングがステップアップするとリードジェネレーションになります。
スコアリングと連携し、購入の可能性がある顧客を選定しピックアップしてくれるサービスです。データ管理が得意なマーケティングオートメーションだから出来る事ですし、手動の様に取りこぼしが少ないのが特徴です。

まとめ

多くの顧客へ質の高いサービスを提供する為にマーケティングオートメーションは、とても有効な手段です。クラウド型もありますが、気軽に利用出来るソフトウェア型が人気で、売上をもたらしてくれる顧客へ育成や、質の高いリスト作成にも役立ちます。
アクセスログやスコアリング、ログ作成など様々な機能があるだけでは無く、これらの機能を活用すれば効果的になリードナーチャリングやリードジェネレーションが期待出来るので、更に売上に貢献出来る可能性があります。