マーケティングをする上で役立つツールと分析方法

サービスを提供したいターゲットまで、しっかりと情報を届けた上で納得して利用してもらう事がマーケティングの醍醐味です。分析方法は複数あり、且つ人によっても向き不向きがあるので初心者から見るとハードルの高い業種だと見なされがちです。
しかし状況にあわせて方法を変えたり、便利なツールを使ったりすれば何をすれば良いのかがわかります。ここではマーケティングの分析方法だけでは無く、ツールの紹介、使い方も合わせて紹介しています。

課題を見つける為の分析方法

ユーザーにサービスを利用して欲しいと考えた時、そのサービスの課題を見つけて攻略していかなければなりません。しかし自社で作ったサービスなので客観的に見る事が難しく、課題や問題点をうまく見つけられないケースもあります。
そんな時に「課題を見つける為の分析」を行う事で、うまく視点を変えられます。まず顧客側の視点でサービスを考えるなら4C分析が良いです。この方法は価値・コスト・コミュニケーション・利便性の4つに分けてサービスを把握します。
世の中にはたくさんのサービスが輩出されているので、目新しい・便利なだけでは手に取ってもらえませんので、顧客の目線に立つ事が重要です。続いては3Cといって4Cと似ていますが、この方法は顧客・競合・自社の3つの要素に特化したマーケティング方法で、サービスを客観的に見る時に役立つ方法です。

戦略を考える時に活用する方法

いくつかの課題・問題点がピックアップ出来たら、その問題を含めてどう攻略するかの戦略が必要です。ターゲットをリサーチし、他社との差別化を図るならSTP方法が良いです。
STPは市場細分化・狙うターゲットを決定・自社の立ち位置と分析する方法で、サービスを提供したいターゲットに合っているのかを確認出来ます。他社が提供するサービスよりも有利なポイントを抜き出す時にも有効なので、戦略を建てたい時に大きく役立ちます。
続いてはPEST分析といって、サービスや自社を取り巻く外部要因がわかります。外部要因を事前に把握する事で有効な対策を行い、低リスクでサービスを提供出来ます。
この方法はリスクを政治的・経済的・社会的・技術的の種類に分けて考えていきます。こちらでは制御出来ずコントロール出来ないリスクなら、どう活用すべきかを明確にしてくれる方法です。

分析に使えるツールとは?

人間の頭脳だけでマーケティングを行うのはとても困難で、より精度の高いマーケティングを行うのならツールを味方につけるのが重要です。いくつかの種類があるだけでは無く、WEBに特化したものや実店舗でも使えるツールもあります。
まずWEBで使える物といえば競合する企業のPV数を確認出来るツールです。他社のサイトを監視出来るのでどの様なニーズがあるのかが一目でわかります。
続いては自社サイトに訪問したユーザーが、どんな行動をしたかをリサーチする方法もあります。これを使えば支持を受けているサービスや、コンテンツの改善に役立ちます。
実店舗で利用出来るツールも、WEBサイト型とあまり違いはありませんが、来店した人の動線や動作を分析して店舗や通路のレイアウト改善や、最適な人員について、防犯の面までしっかりと分析してくれるので心強いです。

まとめ

複数の分析方法やツールを使う事で、広い視野を持ち精度の高いマーケティングが出来ます。その方法も複数あり、問題点を見つける為に向いている4C、3C分析は顧客や自社といった様々な要素をカテゴリ分けして、ターゲットが何を求めているのかを明確にします。
問題点が見つかったらそれに対する戦略が必要で、他社サービスと比べて突出した部分を見つけるSTP、事前にリスクを把握し対策を行えるPESTと言う方法があります。これらの分析で必要なデータを収集する際に、精度を高めてくれるツールもWEB型、実店舗型と多くの種類があります。