マーケティング戦略での3C分析とSWOT分析の違いは?

どんなに良いサービス、製品でも顧客に知られていないと売上には繋がりません。反対に製品の質がそんなに良く無いものであっても、うまくマーケティングを行う事で十分な売上を出す事が出来ます。
戦略的に行うべきマーケティングですが、どの様な基礎知識が必要でしょうか?今回は基礎ともいえる3c分析とSWOT分析について説明し、それぞれをどの様にして活用すべきなのかを解説しています。自社・顧客のニーズを把握して盛り込む事で、よりサービスが魅力的になります。

3c分析とは?

マーケティングが難しいと言われている訳は複数ありますが「提供するサービスを客観的に見る必要がある」が重要です。3c分析は客観的であり、且つ主観的でもある分析方法なので様々な視点からサービスを見つめ直す事が出来ます。
そもそも3cと言うのは顧客(市場)・自社・競合の単語を頭であるcから名付けられました。この手法で市場へ参入する為に状況にあった戦略なのか?求められているニーズに一致するのか?ライバル社と比べて有利になっているのか?を分析します。
まず1つ目のcは自社(company)を表します。自社のサービスやモノは顧客からのレスポンスや技術力が、ライバル社と比べて強みや突出した部分があるのかを考えます。
続いては顧客や市場を表すcustomerは顧客のニーズだけでは無く市場側の価値観など、現状と変化していく度合いの分析を指しています。そして競合・ライバル社(competitor)は自社サービスをライバル社と比較した結果、今後の課題や成功の理由など、未来に活かせる部分を分析します。

SWOT分析とは?

3c分析と良く一緒に使われるSWOT分析ですが、どちらも似ている様で異なる分析方法です。3cがジャンル訳をして、そのジャンル同士を比較して分析するに当たってSWOTはそのジャンルを更に細分化して分析する方法です。
3cの1つである顧客は強み・弱み・機会・脅威から構成されています。他の2つも同じ様に4つの項目から構成され、より深く行う為にSWOT分析が必要になります。
強みは顧客や市場が売上に貢献してくれる理由です。この強みが無いと売上に結びつかず、結果サービスとして成り立たなくなります。弱みは強みが伸びない場合は、弱みが大きくそれが足を引っ張っている理由です。
顧客が苦手としているサービスをうまくこちらが立ち回る事で一気に強みになります。脅威・機会は簡単に言えばピンチやトラブルを指します。脅威を想定しておく事でチャンス(機会)に変える事が出来ます。

効率の良いマーケティング

サービスの売上を伸ばす為に効率の良いマーケティング術が必要になりますが、何から始めるべきでしょうか?ちなみに良く議題にあがる3cとSWOTの違いですが、正直なところ大きな違いはありません。しかし3cは大雑把なジャンル分けで、SWOTは更に細分化されたジャンル・要素と思って下さい。
まずサービスの合ったマーケティングをするには3c分析を行い、より詳しく分析する為にSWOT分析をすると効率的です。弱み・強みがわかりやすいので、まず強みは増やす為に弱みを小さくする為には何が必要か?から考えると良いでしょう。
その上で、弱みを強みにする時に生じるリスク(脅威)をチャンス(機会)に変える為に、想定しておかなければならないポイントを考察します。後は3cのジャンルごとに少しずつで良いので明確にして下さい。慣れない内は難しいですが経験を積む事でどう立ち回るべきかがわかってきます。

まとめ

商売の基礎でもあるマーケティングですが3c・SWOTと様々な分析方法があります。3cは大まかに分析する相手を決め、SWOTで更に細分化します。どちらも同じ様な分析方法ですが、ミクロとマクロの違いと思って頂ければ良いです。
顧客や自社・ライバル社の強み・弱みといった様々な要素を想定し、何をすればピンチをチャンスに変える事が出来るかがビジネスで重要なポイントです。弱みを押さえ、顧客に強気になってもらえれば一気に売上に貢献出来ます。