失敗例に学ぶ!webマーケティング戦略を成功させるコツ

どの企業の方もwebマーケティングのご担当者の方は、その重要性を十分に理解し、様々な戦略を立てています。SEO対策やリスティング、LPOやEFO対策も徹底していらっしゃることでしょう。しかし、結局は売り上げが伸びなければその戦略は「机上の空論」で終わってしまいます。こちらでは、webマーケティング戦r宅によくありがちな失敗例から、webマーケティング戦略の成功のコツを考えていきます。

 

よくありがちな失敗例その1

1つ目の失敗例は、web制作会社にホームページ制作を丸投げしてしまうケースです。制作会社にお願いすること自体は悪いことではないですが、売りたい商品の詳細な説明が不十分になってしまう恐れがあります。

売りたい商品やサービスの魅力は、その企業の方にしか分からないはずです。打ち合わせの際にいくら制作会社の人に熱弁をふるったとしても、100%その魅力が伝わるとは限りません。また、制作会社の作ったホームページは非常にキレイで見やすいかもしれませんが、同業種の場合は、どうしても同じようなイメージになってしまう恐れもあります。

その結果、何度も修正をお願いすることになり、スタートがどんどん遅くなってしまいます。当然、費用も多額なものになります。無料で、あるいは非常に廉価で作れるホームページもありますから、丸投げせずに、自分たちで作る方が良い場合も多くあります。

 

よくありがちな失敗例sono2

2つ目の失敗例は、顧客対応が遅い、悪いことです。これは、企業にとって致命的と言わざるを得ません。例えばホームページから問い合わせがあった場合は、いくら遅くてもその日のうちにコンタクトを取るべきです。その内容が注文の場合、その日のうちに発送ができないとしても購入に対するお礼のメールぐらいは遅れるはずです。

ましてや内容がクレームだった場合は、出来れば1時間以内にすぐに対応するべきです。これを怠ってしまうと、火に油を注ぐことになりかねません。これは、自分が顧客の立場に立ってみれば至極当たり前のことです。

また、電話をかけてくる顧客への対応も大切です。どんなに自信にあふれた商品やサービスであっても、商売は結局「人vs人」です。最初に電話に出た人の対応いかんで、その商品のイメージが決まってしまいます。コールセンターがある場合はオペレーター教育にも十分な注意を払わなければなりません。

 

マーケティング戦略が成功するコツとは

マーケティング戦略を成功させるコツとは、言うまでもなく「顧客の立場に立つこと」です。誰に何をどのように売るのかが決まったら、その顧客が何を欲しがっているのか、どうすれば満足してもらえるのかを自分が顧客になったつもりで考えてみることです。

また、現代ではインターネットを用いたオンライン集客がメインになっていますが、オフライン集客も検討する価値があります。特に、高齢者の方を対象とした業種であれば、オンライン集客よりもチラシや電柱広告の方が有効な手段かもしれません。顧客の年齢層や性別、職業によって媒体を上手に使い分けていきましょう。

 

まとめ

webマーケティング戦略というと何だか難しそうに聞こえますが、その目的は簡単に言ってしまえば「売上アップのためにターゲットである顧客に何をどう伝えるのか」に尽きます。比較的大きな企業であれば、実際に商品を売るのは営業マンであり、webマーケティングの担当者ではない場合がほとんどです。

双方に商品に対する意見の相違があったら、せっかくの良い戦略も失敗に終わってしまいます。担当者にすべてを任せてしまうのではなく、社内で情報共有をして活発に意見を交換し合う土壌を作っていきたいものです。