プロも使っているWebデザインに役立つ無料ツール3選

あなたはインターネットのコンテンツ作成においてどのようなツールを使用していますか?お金を支払って使用するものから、無料で使用することができるものまで様々なものがありどれを使用すればよいのか迷ってしまうという方も多いかもしれません。こちらのページではプロも使用している無料で使用することが出来るおすすめのものを3つご紹介していきますので何を使用すれば良いか迷っている方は、参考にしてみてください。

webflow

まずおすすめするのはwebflowです。表示は全て英語で日本語には対応していませんが、MacとWindowsのどちらにも対応しています。こちらはデザインはある程度出来るけれどもプログラミングには自信がないという方にはとてもおすすめです。直感的にデザインを制作することができ、出来上がったものはweb上で公開することが出来ます。また、ファイルとしてダウンロードすることも出来ますので、自分のドメインを使用して公開することも可能です。基本的な作業は全てwebflowが行ってくれますので細かい部分に手を加える必要がなければプログラミングの知識は特に必要ありません。HTMLとCSSの知識があまりなく、コーディングはあまり得意でないという方でも、簡単に使用できるというのがおすすめのポイントです。コーディングをして公開されるものを見ながら少しずつ調整が出来るのでとても作業がしやすいツールです。

Adobe Edge Reflow CC

次におすすめするのはAdobe Edge Reflow CCです。Adobe社が提供している無料で使用できるツールでMacとWindowsのどちらにも対応しています。作成したものはGoogleと連携してどのようにインターネット上に公開されるのかということを目でみて確認することが出来ます。コーディングをするのではなく、llustratorを操作するような感覚でデザインを作成し、Webページを作ることが出来ます。使い方がとても簡単なことが特徴で、HTML5とCSS3を使用してでレイアウトを作成することができ、プレビューもボタン一つで行うことが出来ますので実際の見え方をこまめに確認しながら調整していくことが出来ます。

Google Web Designer

最後におすすめするのはGoogle Web Designerです。Googleが提供している無料のツールで、プロと同じようなデザインを簡単に作ることができ、HTML5に対応した広告をパソコン用、スマートフォン用共に作成することが出来ます。CSSやJavaScriptなどにも対応しており、オートコンプリート機能を使用してコードを簡単に作成することも出来ます。簡単なものでは物足りない、もっと複雑なものを作りたいという方は自分でコードを入力してより複雑ものを作ることも出来ます。作ったものは実際に公開される形ですぐに見ることができ、多くのブラウザに対応しているので汎用性も非常に高いです。あまりスキルに自信のない人も、逆にこだわって高度なものを作りたい人にもどちらにも使いやすいものとなっています。

まとめ

無料のWebデザインツールの中にも、プロでも使用するような使いやすくて機能性の高いツールというものがいくつかあります。AdobeやGoogleなど信頼出来る大きな会社が無料で提供してくれているので、初心者の方でも安心して使用することが出来ます。まずは無料のツールの中から自分にとって使いやすいものを見つけて使用してみて、徐々にスキルアップをしていくとよいでしょう。