Webデザインを依頼するなら制作会社とフリーランスどちらが良い?

インターネットのデザイン作成をプロに依頼することになったら、あなたはどのようなところに依頼しますか?選択肢としては大きく分けてWeb制作会社に依頼するか、フリーランスとして個人的に仕事を請け負っている方に依頼するかのどちらかになるかと思います。それぞれにどのような違いがあり、メリットがあるのでしょうか?選ぶ際の参考になるように比較しながらまとめていきますので依頼する予定のある方はぜひチェックしてみてください。

Web制作会社に依頼するメリット

Webデザインを制作会社に依頼するメリットとしては、様々な分野の専門家が在籍しているためあらゆる段階においてもレベルの高い仕事をしてもらうことができ、それが終結してチームとなって作りあげることでより質の高い、そして効果的なサイトをつくりあげることが出来るということです。全ての作業を一人の人が高いレベルで行うというのはとても難しいです。デザインを作ることには長けていても、SEO対策の知識がなかったり、システム構築のレベルが低かったり、ヒアリングが得意ではなかったりというのはフリーランスの場合往々にしてあります。その一方で会社の場合ににはそれぞれの段階においてのプロフェッショナルが対応してくれますので総合的にみてよりクオリティの高いものを作り上げることが出来るのです。また、デザイナーも数名在籍していてそれぞれに得意とする方向性が違いますので幅広いニーズに対応することが出来るというのも大きな魅力です。

フリーランスに依頼するメリット

一方でフリーランスに依頼するメリットとしては、まずはその価格の安さです。もちろん依頼する内容や、人にもよってはきますが人件費や設備費などの様々なコストを削減することが出来ますので制作会社に依頼するよりもかなり安い金額でサイトを作成してもらうことが出来ます。また個人で請け負っている場合には完成後のサポートというのは契約に含んでいない場合がほとんどです。そのため運営開始後にかかる費用もありません。そして柔軟性の高さも個人ならではのメリットと言えるでしょう。個人で請け負っている場合には全ての裁量権は本人にありますので、特に制約もなくクライアントの要望にも柔軟に対応してくれます。また直接全てのやり取りを行うので密にやり取りを行うことができ、意見の擦り合わせもしやすいのでクライアントのニーズをよりきちんとくみ取って制作をしてくれるというのもポイントです。

コストならフリーランス、専門性なら制作会社

2つを比較した時にどちらの方がよい良いかというのは言えません。それはクライアントがどのような仕事の仕方を求めているのか、完成したサイトをどのようなものにしたいのかによって、求められるものが変わってくるからです。どちらを選ぶか迷ってしまったら、もし出来るだけ安く作りたい、デザイナーと密に意見交換をして自分のニーズをより反映させた自由度の高いものを作りたい、というのであればフリーランスを選択することをおすすめします。そして逆に少し費用はかかってしまったとしても打ち合わせの段階から、デザインや、システム、SEO対策においてまで全ての段階でそれぞれの分野のプロフェッショナルに対応してもらい、よりクオリティの高いものを作り上げたいという方には制作会社に依頼することをおすすめします。

まとめ

フリーランスにという働き方がメジャーになってきたことによって、依頼する選択肢の幅も増えました。しかし、その分どこに依頼すれば良いのかという難しさも出てきてしまっています。フリーランスと制作会社のどちらに依頼するかはそれぞれに求めるサイトのクオリティや仕事の仕方などによって変わってきますので、自分にはどちらが合っているのかをよく考えて選ぶようにしましょう。