一人でできる!コンテンツマーケティングに秀でた簡単web制作とは

コンテンツマーケティングを展開する上で、そのコンテンツを載せるwebサイトが必要になってきます。ただ、初期投資がある程度な可能な法人ならホームページ制作を外注してしまえばいいですが、初期の資金力に乏しい個人ではそうはいかないでしょう。とすれば、個人でweb制作していくしかありません。そこで、個人でも簡単にできるweb制作についてお話していきたいと思います。

 

素人にもできるweb制作を紹介

そうはいっても、個人でweb制作なんてできるのかという意見もあるでしょう。一昔前だったら、こんな懸念ももっともですが、今は様々なプラットフォームが市場に出回っており、素人が一人でも費用をそれほどかけずにコンテンツマーケティングに耐えうるwebサイトが簡単にできてしまいます。

 

そこで、web制作について、段階的に難易度が上がっていく形で3つご紹介します。ご自身のレベルを見据えてトライしてみてください。

 

無料ブログスペースを利用する

まずは、無料のブログスペースを借りてweb制作を始めてみる方法です。「アメブロ」や「seesaa」といった数多あるブログスペースを借りて無料でコンテンツ制作ができます。ただし、無料ゆえの制約も少なくありません。各ブログはそれぞれ規約がありますので、できないことも少なくありません。

 

これでは自由なコンテンツマーケティングの展開が厳しくなってしまいます。また、突然仕様が変わったり、最悪ブログスペース自体が終了になってしまったりする可能性もあります。正直、長い目で見れば、あまりおすすめはできない方法です。あくまでweb制作に慣れるため、集客方法の一貫として利用する程度にとどめておくのが賢明だと思います。

 

ホームページ作成サービスを利用する

クラウド型のCMS(Content Management System)であれば、インストールや設定の煩わしさもなく、簡単にコンテンツマーケティングの構築が可能です。クラウド型CMSとは、ブラウザ上でweb制作できるCMSです。独自ドメインでの運用もできますので、ブランディングもバッチリ。無料ブログスペースの簡易性と自前webサイトの独自性の良いとこ取りということもあり、最近は利用者が急速に伸びているようです。

 

代表的なのは「Wix」や「Jimdo」、日本企業ですと「グーペ」などがあります。費用は1か月2〜3千円で運営できますので、コスト負担も大きなものではありません。何より、知識がほとんどなくても立派なwebサイトが制作できるという点は大きいと思います。

 

ワードプレスでwebサイト制作をしてみる

おそらく、現在、世界中でもっとも多くのwebサイトオーナーがweb制作しているのは、このワードプレスでしょう。ワードプレス(WordPress)とは、インストール型のCMSの一種です。カスタマイズは自在でかなり限界の高いところまで自由なカスタマイズが可能です。ただし、それなりのハードルも存在します。

 

基本的に、独自ドメインとサーバーなどは最低限用意しなければならないこと、そして、ある程度の知識が必要になってくることです。以前に比べればレンタルサーバーの進化やweb上の情報などによってだいぶハードルは下がってきていますが、それでも無料ブログサービスやクラウド型CMSに比べれば、運営には知識が必要になってきます。

 

まとめ

それぞれを例えていうなら、無料ブログスペースは3食風呂トイレ付きの居候、クラウド型のCMSはマンションの一室、ワードプレスは一軒家といったところでしょうか。

 

CMSであれば、問題なくコンテンツマーケティングは展開できますので、お好みで選ぶといいと思います。もしあなたがまったくの素人がワードプレスでコンテンツマーケティングを展開したいというのであれば、無料ブログやクラウド型CMSで慣れてから移行していった方がいいと思います。